一線は超えていない

話題になっていますが、結婚相談所では、そもそも二股と言う考えが存在しません。たとえば、1日にお見合いを3人セッティングして、そのうちの1人は、タイプじゃないのですぐにお断りして、後の2人は甲乙つけがたい・・・。もう一度会ってお話してみたい。と言う状態・・・つまり、二股はありなんです。

そうは言っても、ダラダラとその状態を続けることは出来ません。普通は、数回のデートのうちに結論を出すことになります。

しかし、これはこちらの管理できるお見合いで出会った場合の話。今の結婚相談所は、普通に自宅のパソコンやスマホで、ネット婚活のように会員さん情報を検索して、メールのやり取りが可能です。問題はココです。

もちろん、結婚相談所のシステムを通してメールのやり取りをしているので、内容だって調べる気になれば見れますが、当然、個人情報の観点から言っても、普通は内容をチェックすることはありません。

と・・・。なると、本人が自由にコンタクトを取ってやり取りしていることまでは目が行き届いていないのです。なので結婚相談所でも、二股三股はあたりまえ。何人かと並行してお付き合いをしていくの暗黙の了解です。

婚活は二股三股でタイムロスを減らす

特に妙齢の女性にとっては、時間がとても大切ですので、むしろ複数お付き合いすることで、比べることができ本当に自分が求めていることが分かる場合があります。別に二股三股が、悪いことではありません。

しかし、自分が複数から選んでチョイスできると言うことは、当然、お相手もまた、同じことをしていることになります。いくら自分が気に行っても、お相手の方の一番になれなければ、最終的に切られてしまう結果になります。

もし、あなたがネット婚活やお見合いパーティーで意気投合して、何度かデートをしただけでは、本当にお相手のたった一人の人になっているのか、複数いるお相手の一人で、今、まさに天秤にかけられているのか本当のことはわかりません。

一人に絞る時には、必ずたった一人の人になったと確信出来てからにしましょう!


こんにちは元結婚相談所でカウンセラーをしていたtentenです。

このブログはhttp://婚活navi.com/の続編です。気になった婚活ニュース・コラムを書いています。合わせてどうぞよろしくお願いします(≧▽≦)


あなたにピッタリの婚活方法を知りたい方はこちらから


人気ブログランキングへ
恋愛・結婚ブログランキング