初めての婚活パーティー

知人の男性と話していると、来週、はじめてのお見合いパーティーに参加すると言う。なぬ~。こ・これはブログにネタになる!!そう思って、ランチをおごる約束で、彼の貴重な婚活パーティーでビュー記を書いてもらうことになった( *´艸`)

彼のスペック&私の見解
身長:170ちょい。
体型:痩せ型
学歴:中堅大学卒業
職業:会社員
年収:400万前後(たぶん)
コニュニケーション能力:普通
容姿:普通

おとなしい訳ではないが、特別ハイテンションで周りを盛り上げていくと言うタイプでもない。顔もそう!特別男前ではないが、別段ブサイクな訳でもない。そう・・・。彼は、ごくごく普通な男性。少し前の時代に生まれていれば、間違いなく普通に結婚していただろう。しかし、今このレベルの男性が結婚出来ていない。彼レベルが結婚出来ない世の中ではあれば、本当に日本の婚姻率がどんどん下がり、少子化に歯止めはかかりそうにない!ガンバレ!!

36歳初婚男のお見合いパーティー体験記

地下鉄の駅から徒歩1分という立地には大いに助けられました。なんせ初めての婚活パーティー♪汗っかきの僕が8月初旬の日差しの中を延々と歩いていたら、汗を拭き拭きしながらの参加だったでしょう。あっという間に奇麗なオフィスビルに到着し、受付を済ませます。

数ある婚活パーティーから選んだのは、PARTY☆PARTY。選んだ理由は、以前、友人が恋人を見つけたと言っていたのがここのお見合いパーティーだったから・・・。

申込んだのは、男性が33歳から36歳 女性は29歳から32歳という年齢設定。

つ・ま・り・ ギリギリ駆け込んだ最年長36歳( *´艸`)

幸いにも、腹はまだ出ていないし、髪も一応は頭皮を覆ってくれているとはいえ、36歳は立派な「前期中年」デス! 苦戦は承知の上。 スタッフの方に案内されたのはシックな感じのこのような個室

着席すると、簡単なプロフィールを書く紙が置かれていた。

これから始まるお見合いパーティーでは、女性陣から渡されるこのプロフィール等が記載されたファイルを見ながら話すスタイルのよう。複数でのトーク形式じゃないことに安堵します。だって、うまく話しに入っていけなかったら浮いちゃうじゃないですか~。

・・・とここまでは思ってました。

36歳はじめての婚活にテンパる(;・∀・)

今回は男性に欠席者が出て7名、女性は8名で合計15名が参加しているようです。男女ごとに番号が振り分けられており僕は1番、つまり1番の部屋でパーティー開始を待っていました。当然女性の1番の方も入ってこられて、僕同様に待たれるのですが・・・初めての参加だった僕は、もう始まったと勘違い(;・∀・)

「あっ・・・ちょ!・・・すいますぇん、ルールとかよくわかってないもので・・・」

と、焦りながら自己紹介をしていると、「まだ始まってないんじゃないですか・・・」と、氷の刃を突き刺されてしまいます。(最年長の威厳は脆くも崩れました)

尋常ではなく重い沈黙が数十秒続きましたが、スタッフのルール説明開始の声に救われた36歳。

どうやら、男性が3分ごとに部屋を移動してトーク、これを2周行い、最後に意中の異性の名前を、指定の用紙に記入&スタッフに渡し、見事両想いならカップル成立という流れのようです。

3分・・・・・・ですか(しかも、自分の荷物、ファイル、飲み物をもっての移動かよ)

しかしやるしかないない!!先ほど嘲笑された眼前の女性も、トークには気さくに対応してくれます。お互いの職業や住んでる地域、少し趣味の話をしていたらもう3分経ってしまい、移動を促される36歳。 (早えーよ! せっかく共通の趣味だったのにー!)

とにかく1周目はバタバタ×8回で、自己紹介と世間話+α程度で終了です。1番若い方に対しては、思わず一人称が「おっちゃん」になりかけた36歳でした。

女性の皆さんは、キレイ系、かわいい系、おっとり系などタイプは様々ですが、こんな僕にも誠実に対応してくれます♪ こういうパーティーへの参加が初めてではない方も複数名おられました。職業や職種に偏りがあるように思えたのは、やはり「出会いの場がない境遇」が実際に存在するんでしょうね。

あれよあれよと言う間に2回転目スタート

少しインターバルを挟んで2周目スタートです。

「頑張るぞ!」という気持ちと、「またあのコントのような流れに乗るのかぁ」という真逆の気持ちが心の中で渦巻きます。 結局、大きな流れに乗せられてしまい、婚活パーティーというよりはフォークダンスを懸命にこなすような気持ちで喋る36歳。

時折、「顧客を待たせている営業マン」や「取調室に入る刑事」に自分を重ねながら8つの部屋でのトークは終了。

そして、ここで大失策に気づいた36歳(ちなみに今年37歳)

俺って!話していただけで、アピールしてない(;’∀’)

数分の会話で人を好きになるようなことは無いですが、それでも共通点や外見の良さ、話しやすさなど印象に残った女性はいました。この先何らかの形でご縁を続けたいのなら、このパーテーでカップルとなる必要があります。(トーク中の連絡先交換は不可のため)

なのに・・・次につながるアピールしてないわ俺(涙目)、最後に「今度お食事でも」とか伝えれば思いは伝わったでしょうに・・・。最後の言う「ありがとうございました。」では逆の意味に受け取られたかもしれません。トンネルしたボールを見る内野手のような目になりながら告白タイムを待ちます。

36歳初婚活パーティーで玉砕

当然 カップル成立はならず。発表後退席システムだったので、座席1番だった私は早々に会場を去る36歳。結局、何組のカップルが出来たのかもしる由ものないのであった。ちなみにカップル希望用紙に第3希望まであるのは、ちと失礼かなと思いました。

今回の敗因としては、女性陣は結構真剣なのに対し、僕は初めてという事もあり「いい人がいればなぁ」という感じがあったこと。おそらく言動にも出てしまい、結果的に「誠実感がない」という印象を与えてしまったのではないでしょうか。また、僕は妻となるかもしれない人を探すのに対し、女性陣も夫となるかもしれない人を探しているのですから、「選ばれる男」にならなければいけないのに、それを怠ったことでしょうか。

自分をPRする積極性や身だしなみと振舞い、意中の女性に対してはそれを伝える勇気!

これらを持って次回の婚活パーティーに挑みたいと思った36歳の夏でした。

◆覚書◆36歳1回目参加パーティー:PARTY☆PARTY


こんにちは元結婚相談所でカウンセラーをしていたtentenです。

このブログはhttp://婚活navi.com/の続編です。気になった婚活ニュース・コラムを書いています。合わせてどうぞよろしくお願いします(≧▽≦)


あなたにピッタリの婚活方法を知りたい方はこちらから


人気ブログランキングへ
恋愛・結婚ブログランキング